相談窓口

相談窓口には「地域包括支援センター」と「在宅医療・介護連携支援センター (かけはしいさはや)」があります。

それぞれの事業所についての説明が当ページに記載されています。

下記ボタンをクリックすることで、説明欄へ簡単に移動できます


地域包括支援センター

地域包括支援センターは、地域の高齢者の総合相談、権利擁護や地域の支援体制づくり、介護予防の援助などを行い、高齢者の保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援することを目的とし、 地域包括ケア実現に向けた中核的な機関として設置しています。

地域包括支援センターには、保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャーの三職種に加え、事務職などを配置し、地域の行政機関、保健所、医療機関などとも連携し総合的な支援を行います。

また、生活支援コーディネーターを配置し、地域住民との連携を推進しています。

第8期計画においては、地域包括ケアシステムをさらに深化・推進し、今後の高齢化の進展などに伴って増加するニーズに対応するため、適切な人員配置について検討し、在宅医療・介護連携や認知症施策の 推進、生活支援体制整備などの取組とも連携を図りながら機能強化を図ります。

 

在宅医療・介護連携 支援センター(かけはしいさはや)

専門職からの医療・介護連携に係る相談窓口として、平成30年8月から諫早市在宅医療・介護連携 支援センター「かけはしいさはや」を設置・運営しています。

「かけはしいさはや」では、専門職からの相談支援のほか、多職種の連携を強化するための「在宅医療 ・介護従事者研修」、市民に在宅医療・介護連携について普及啓発をするための「市民講演会」及び 「お気軽座談会」を開催しています。

また、在宅医療資源情報の把握及び情報整理を行い、ホームページにて情報発信を行っています。

TEL:0957-46-3166
開所時間:月曜日~金曜日 午前9時~午後5時まで
定休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)

© 2021 諫早市高齢者ささえあいネット All Rights Reserved.